朝一番の清潔な手でカラコンを装着しよう

カラコンに汚れが付かないために

カラコンは目に装着するものなので、綺麗な状態のまま利用しなければ、眼病になってしまう可能性があります。そのため、カラコンを利用するなら、朝一番のメイクをしていない状態で手を綺麗に洗ってから装着しましょう。メイクをした後でも大丈夫だと考える女性もいるでしょうが、化粧が付着しては不衛生なのでおすすめしません。
なお、手を洗わなければ、どのくらい汚れるのか知りたいのなら、触ったカラコンを明かりに透かして見てみるとよいです。白い汚れがたくさん付いているのが見えるはずなので、目に悪い影響を与えるのがハッキリと分かるはずです。目へのダメージは蓄積するため、現在は眼病の兆候がまったくなくても対策は必要だといえます。

汚してしまったときには

慎重に装着しようとしていたのに、何かしらのアクシデントでカラコンを汚してしまうこともありますよね。そのときに、そのカラコンをどうすればよいか、困ってしまう方もいるはずです。一週間や二週間などの連続用のカラコンを使っているのなら、洗浄液がありますので、そちらを利用すればよいだけです。しかし、ワンデイのカラコンを利用している方は洗浄液を持っていないでしょう。
そのときは、思い切って、汚れたカラコンを捨ててしまうことをおすすめします。一日の使い捨てタイプは一つあたりの単価は安いので、捨てたとしてもそれほど損はしません。もしも、眼病になって医者に通ったのなら、カラコン一つとは比較にならないくらいの料金がかかるため、そのことを考えるのなら安いものでしょう。それが嫌ならば、ワンデイタイプだとしても、アクシデントに備えて洗浄液を用意しておきましょう。